本日の 総合 ネタランキング

【エロ体験談】世界中を旅する黒人女性に“味見”される

メンズサイゾー
※イメージ画像  テレビで微笑むアイドルよりも、毎日よくいくコンビニの愛想のいいアルバイトのコのほうが、なんだかわからんけどグッときたりするのが男のサガ。そこにエロが絡んでくれば、なおのこと。  超絶ボディのAV女優には当然興奮するけど、現実世界でそんな上玉と出会うことは難しい…
ページトップへ

最新の総合RSSニュース

栃木 つり橋を渡って結婚式

栃木県那須塩原市で、5組のカップルがバージンロードに見立てた長さが320メートルあるつり橋を渡って結婚式を挙げました。 結婚式は那須塩原市の塩原温泉の観光協会が観光名所をPRしようと行ったもので、公募で選ばれた栃木県や千葉県などの5組のカップルが参加しました。 式では、タキシードとウエディングドレスに身を包んだ新郎新婦がバージンロードに見立てた高さ20メートル、長さが320メートルあるつり橋、「もみじ谷大吊橋(つりばし)」をゆっくりと歩いて渡りました。 渡った先の広場で行われた結婚式で、新郎新婦たちは家族や友人、それに観光客などおよそ200人が見守るなか、結婚の誓いや指輪の交換などを行っていました。 新郎の1人は「景色がよいつり橋を渡っておおぜいの人の前で結婚式を挙げられてよかったです」と話し、新婦は「高いところが苦手なのでつり橋を渡るときは足がガクガクしました。夫を頼って歩きました」と話していました。

高知県で総雨量1000ミリ近くに 厳重警戒を

台風12号の影響で、高知県で1日からの雨量が1000ミリ近くに達するなど、四国を中心に大雨となり、川の氾濫や土砂災害の危険性が非常に高くなっています。 四国では3日夜遅くにかけて猛烈な雨が降るおそれがあり、気象庁は厳重な警戒を呼びかけています。 気象庁によりますと、韓国の西の海上にある台風12号の影響で南から湿った空気が流れ込んでいるため、西日本の各地で雨が降っています。 午後からは徳島県や長崎県などに発達した雨雲が流れ込み、午後3時までの1時間には国土交通省が徳島県那賀町に設置した雨量計で65ミリの非常に激しい雨を観測したほか、徳島県が勝浦町に設置した雨量計では56ミリの非常の激しい雨を観測しました。 高知県内では3日朝から断続的に猛烈な雨が降り、国土交通省が設置した雨量計では土佐町古味で午後3時までの1時間に59ミリの非常に激しい雨を観測したほか、同じく土佐町溜井で午前10時までの1時間に101ミリの猛烈な雨を観測しました。 高知県の佐川町と香美市の繁藤、津野町船戸、それに本山町では24時間の雨量が500ミリを超え、このうち佐川町は600ミリを超えて気象庁が統計を取り始めてから最も多くなっています。 さらに、1日の降り始めからの雨量は高知県の多いところで950ミリ、徳島県でも600ミリを超え、平年の8月1か月分の雨量を上回る大雨となっています。 高知県と徳島県では、川が増水して氾濫の危険性が非常に高くなっている地域があり高知と愛媛、徳島、香川、それに長崎の各県では、土砂災害の危険性が非常に高くなっている地域があります。 台風の動きが遅いため、西日本では湿った空気が流れ込みやすい状態が長く続き、4日にかけて激しい雨が降る見込みです。 このあと3日夜遅くにかけては、四国で局地的に1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれがあり、九州北部でも1時間に50ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあります。 4日の昼までに降る雨の量はいずれも多いところで四国の太平洋側で400ミリ、四国の瀬戸内側で300ミリ、九州北部と山口県で150ミリなどと予想されています。 気象庁は、川の氾濫や土砂災害、低い土地の浸水に厳重に警戒するとともに、強風や高波、落雷、竜巻などの突風にも十分注意するよう呼びかけています。

芸能のネタ