本日の 総合 ネタランキング

なにこれすごい。バングラデシュの船乗りたちの日常がとんでもない。

1000mg

工工エエエエエ(´Д`)エエエエエ工工
突っ込みどころが多すぎて・・・。すげーなこれ。二人の役割分担が完璧だし毎日こんなことやってるのかしら。バングラデシュダッカの船着き場で撮影された驚きのビデオです。小舟が大切なのは理解できるけどミスったら死ぬ可能性があるよねこれ(((゚Д゚)))45秒のところなんてガチのギリギリだったんじゃないの。

ページトップへ

最新の総合RSSニュース

中国漁船衝突事件で指定取り消し

沖縄の尖閣諸島沖の衝突事件で、強制的に起訴された中国漁船の船長に起訴状が届かず裁判が打ち切られたことを受けて、那覇地方裁判所は「再び起訴しても起訴状が船長に届く見込みは無い」として、検察官に代わって船長を起訴した指定弁護士の指定を取り消しました。 中国漁船の42歳の船長はおととし、沖縄の尖閣諸島沖で漁船を海上保安庁の巡視船に故意に衝突させたとして、検察審査会の議決によって公務執行妨害などの罪で強制的に起訴されました。 船長は釈放されて帰国しているため、那覇地方裁判所は中国側に起訴状を船長に届けるよう求めていましたが、中国当局は先月、「尖閣諸島は自国の領土だ」として拒否し、裁判は一度も開かれないまま打ち切られました。 船長を起訴したのは、裁判所が選んだ検察官役を務める2人の指定弁護士で、那覇地裁は「指定弁護士が船長を再び起訴しても、起訴状が本人に届く見込みは無く、弁護士が職務を遂行することは期待できない」として、検察審査会法に基づき7日付けで2人の指定弁護士の指定を取り消しました。 これについて2人の弁護士は記者会見し、このうち赤嶺真也弁護士は「どうすれば起訴状が届けられるか、裁判所と話し合った結果、困難だという結論に至った。起訴する対象が海外にいるなど、通常とは違うケースで難しかった」と述べました。

海水浴の男児が溺れて重体 富山

6日午後、富山県朝日町の海水浴場で、長野県塩尻市から海水浴に来ていた小学5年生の男の子が溺れて意識不明の重体となっています。 6日午後2時すぎ、富山県朝日町にある海水浴場の「宮崎・境海岸」で、長野県塩尻市の会社員、末木亘さんの長男で小学5年生の光くん(11)が溺れました。 警察によりますと、光くんは、波打ち際から3メートルほどの浅瀬で友達と泳いでいて溺れたということで、一緒にいた高校1年生の姉に引き上げられて病院に運ばれましたが、意識不明の重体となっています。 光くんは、通っている空手教室のレクリエーションで海水浴場を訪れ、ほかの子どもや姉など合わせて6人で午前9時ごろから泳いでいて、溺れた場所は水深が50センチから1メートルほどだったということで、警察が当時の状況を調べています。 朝日町には事故が起きる直前の午後1時すぎまで高潮注意報が出ていました。

芸能のネタ