本日の 総合 ネタランキング

馬場ふみか、年内ラストグラビアで完璧ボディを大開放! 表紙&巻頭&ミニ写真集の大特集にファン歓喜

メンズサイゾー
※イメージ画像:「馬場ふみかInstagram(@fumika_baba)」より  モデルで女優の馬場ふみか(22)が、発売中の「週刊プレイボーイ」44号(集英社)の表紙に登場。巻頭グラビアとミニ写真集で合計25ページにわたって“年内ラストグラビア”を披露している。  馬場は女…
ページトップへ

最新の総合RSSニュース

中国海軍「一隻にとどまらない」空母建造を明言

 【北京=五十嵐文】新華社通信によると、中国海軍の宋学・副参謀長は23日、北京で開かれた海軍創立64周年の記念式典で、「中国の空母は1隻にとどまらない」と述べ、昨年就役した中国初の空母「遼寧」に続き、空母建造を進める方針を明言した。  宋氏は「『遼寧』は満載排水量5万トン余りだが、次はより大型の空母を建造したい。搭載できる戦闘機が多くなり、戦闘力も強まる」と強調。空母1隻につき少なくとも二つの飛行団を配属させ、空母艦載戦闘機「J(殲)15」を増やしていく方針を示した。 (2013年4月25日09時16分 )

子育て支援の新制度、年4000億円財源不足

 政府が2015年度から保育所拡充などを行う子育て支援の新制度で、保育サービスの量的拡大や保育士の処遇改善などを予定通り行えば毎年約1兆1000億円が必要になることがわかった。  新制度には消費税から年7000億円を充てることが税・社会保障一体改革で決まったが、4000億円もの財源不足が明らかになり、新制度のスタートに懸念が広がりそうだ。  政府は12年に成立した子育て支援3法の関連で、保育所や認定こども園などの利用定員を増やす「量の拡充」に約4000億円、職員の処遇や配置数などを引き上げる「質の改善」に約3000億円を充てる方針を示していた。だが、政府が今回改めて行った費用の試算では、「質の改善」に毎年約7000億円必要となることが明らかになった。職員給与引き上げや職員の配置基準の改善などの必要経費を積み上げた結果で、当初の想定を大幅に上回った。 (2014年2月12日23時09分 )

芸能のネタ