本日の エロ画像 ネタランキング

ページトップへ

最新のエロ画像RSSニュース

W杯 ロシア対韓国は引き分け

サッカーのワールドカップブラジル大会、1次リーググループHのロシア対韓国は、1対1の引き分けでした。 ロシアは3大会ぶりのワールドカップ出場、一方、韓国は8大会連続の出場です。 試合の前半はロシア、韓国ともに守備を重視して攻撃に人数をかけず、ミドルシュートを中心にした攻撃を行い、無得点で折り返しました。 後半に入ってもこう着状態が続きましたが、23分に韓国のイグノ選手のミドルシュートをロシアのゴールキーパー、アキンフェーフ選手がボールを正面で捕らえながらも後ろにそらすミスをして、韓国に先制点が入りました。 この直後からロシアは攻撃に人数をかけてゴールに迫り、6分後の後半29分、ゴール前での連続攻撃から最後はケルジャコフ選手が押し込んで同点に追いつきました。 このあとロシアはサイドからのクロスボールによる攻撃などでチャンスを作りましたが、勝ち越し点を挙げることはできず、1対1の引き分けに終わりました。 この試合で、出場32チームすべてが1次リーグの1試合目を終えました。

【編集部】鼻ペちゃカリー

 その店では、ボトルのキープにミステリーや冒険小説の登場人物の名をつける習わしがあった。  「じゃあ、鼻ぺちゃカリーで」と告げると、マスターは、しゃくれたあごを突き出し、目を細めて「明日に向かって撃て、だね」とこたえた。  映画でチャールズ・ディアコップが演じた個性的な強盗団の一人。ポール・ニューマンとロバート・レッドフォード。同じコンビが主演の「スティング」でも、ロバート・ショーの子分役で出演し、ポーカーのカードを後ろからのぞき見てボスにサインを送るシーンが絶品だった。  新宿ゴールデン街。ギャビン・ライアルの小説から店名を名付けたバー「深夜+1(プラスワン)」。経営者の内藤陳は年の暮れ、12月28日に亡くなった。  「読まずに死ねるか!」のシリーズで知られる読書家、自称「面白本のオススメ屋」だが、本職はコメディアン。「ハードボイルドだど」のギャグとともに、ガン・アクションを下敷きにした「トリオ・ザ・パンチ」の乾いた笑いが好きだった。  30年近く前、同僚がインタビューしたのを機に、店を訪れた。カウンターの向こうで内藤は「今でも壁を駆け上がって宙返りで戻れますよ」と話し、「だって、コメディアンですから」と続けた。それは、矜持(きょうじ)の問題なのだった。  1月2日、劇画原作者、梶原一騎の実弟、真樹日佐夫が亡くなった。自身、「ワル」などのヒットがある原作者でもあったが、格闘家としての印象の方が強い。  昭和62年1月、梶原の葬儀。サングラスにくわえたばこで仁王立ちし、「兄貴」と一声、低く呼びかけ、長く細い火のついたたばこを、祭壇にピンと指ではじいた姿が忘れられない。無頼を演じ通した異才の兄弟だった。  12月20日には、映画監督の森田芳光が亡くなった。  映画「それから」で、黒澤明の「乱」と賞を分け合ったころ、取材した。当時の記事をひっくり返すと、森田は好きな競馬に例えて「黒澤さんがシンザンなら、僕はシンボリルドルフになる」と宣言している。  ここまではいい。「黒澤さんは偉大なことをやってきた人だけど、現役の競走馬が種牡馬に負けるわけにはいかない。いくら偉大な種牡馬でも」と続けていた。  何という大胆。何たる不遜。当時森田、36歳。25年前の元気が、いままぶしい。(編集委員 別府育郎)

2次元・アニメのネタ