本日の 芸能 ネタランキング

指原莉乃の「美人化」が話題に! イメチェン好評で男性人気急騰の気配

メンズサイゾー
※イメージ画像:「指原莉乃Twitter(@345__chan)」より  HKT48の指原莉乃(24/STU48兼任)が急激に「美人化」していると話題になっている。  指原は19日付の自身のTwitterに「半年に一回くらい前髪流したくなって、写メ撮ってええやんと思って、テレビ…
ページトップへ

最新の芸能RSSニュース

自衛艦へのレーダー照射「日本が国際法に抵触」 中国海軍が内部説明で捏…

 中国海軍のフリゲート艦が今年1月、海上自衛隊の護衛艦に射撃管制用レーダーを照射した問題で、中国の海軍内部で、照射は「艦船同士は3キロ以内には近づかないという国際法に日本側が抵触したため」との説明がなされていることが24日、分かった。中国側の主張は事実無根で、照射を日本政府に公表されたため、内部へ示しをつけようと後から理由付けした可能性がある。  中国海軍関係者が日本の政府関係者に行った説明によると、レーダー照射は日本の護衛艦が3キロまで近付いたことに危険を感じた艦長の独自判断で、その距離が「国際法違反」にあたると正当化したという。この主張は、中国の海軍内部のほか、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺で日本の領海の侵犯を続ける海洋監視船にも周知されているという。  中国の国防、外務両省は公式見解として、使用したのは「監視レーダー」で、日本側の説明は「捏造(ねつぞう)」としている。だが、米国なども事実関係を認める中、これ以上の隠蔽(いんぺい)はできないと判断。内部説明に、勝手な「国際法」をでっち上げたものとみられる。  船舶同士の接近については国際規則があり、日本もこれに沿って「海上衝突予防法」を定めているが、距離規定はない。近づき過ぎれば危険だが、海洋専門家によると「3キロ離れていれば十分に安全で、中国が主張するような国際法は存在しない」という。

農業高校 伝統の田植え競技会

岩手県奥州市の農業高校で、田植えの早さと正確さを競う、伝統の「田植え競技会」が行われました。 奥州市の水沢農業高校では毎年、長さ100メートルの実習用の田んぼを使って田植えの早さと正確さを競う「田植え競技会」が行われています。 競技会には岩手と宮城の農業高校の生徒や一般のチームも参加し、合わせて22チームがスタートの合図とともに田植えを始めました。 競技は1チーム11人のリレー形式で、タイムのほかに苗を3本ずつ、3センチの深さに植えられているかどうかも審査され、正確さに欠けるとペナルティーが課せられます。 選手たちは慣れない田植えに悪戦苦闘しながらも、次の選手にたすき代わりの「苗かご」をつないで白熱したレースを繰り広げました。 また、生徒たちは運動会さながらの応援合戦を繰り広げ、伝統の競技を盛り上げていました。 参加した選手は「緊張しましたが順調に植えられました」とか、「3センチの深さに植えるのが難しいですが、とても楽しかったです」などと話していました。

総合のネタ