本日の 芸能 ネタランキング

【悲報】DQNネームさん、運転免許をお取りになられるwww

ラジック
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/13(金) 20:30:37.184 ID:c8oj1/hnM
no title

続きを読む

今野杏南、「全部エッチな」ラストイメージ作! 過去好評だった衣装が“これでもか”と入ったマストバイな一枚!!

メンズサイゾー
 グラビアアイドルとして活動する傍ら、2014年には官能小説家としてデビューし、テレビに舞台にとマルチに活動する今野杏南(28)ちゃん。この度、ラストとなるイメージDVD&Blu-ray『あんな夢、こんな恋~Anna Konno Final Image』(ラインコミュニケーシ…
ページトップへ

最新の芸能RSSニュース

台湾の“単独行動”不満 中国、報復に出る恐れも 日台漁業取り決め 

 【台北=吉村剛史、北京=矢板明夫】沖縄県・尖閣諸島周辺海域の扱いが焦点だった日台民間漁業取り決めの締結を受け、中国国務院台湾事務弁公室の報道官は10日、「両岸(中台)漁民の漁業権益の維持は両岸双方に責任がある」と述べ、台湾の馬英九政権の“単独行動”への不満を口にした。今回の取り決め締結は、尖閣問題で台湾との共闘を目指す中国にとって大きな痛手であり、今後の中台関係にも影響を与えそうだ。  中国当局はこれまで、台湾や香港の反日団体に資金提供し、尖閣諸島へ上陸させるなどの方法で、同諸島への主権を主張してきた。日本と台湾の間に漁業取り決めがないことは中国にとって好都合だった。尖閣周辺海域で密漁する台湾漁民を取り締まる海上保安庁への台湾世論の不満は強く、中国当局はこの“反日感情”をうまく利用してきた経緯があった。  しかし、中国は表向き日台漁業取り決めに反対することができない。100万以上の台湾漁民の生活に関わる問題であり、反対すれば、台湾人の反中感情が高まることが考えられるからだ。  中国共産党の指導者たちはこれまで「中華民族の大義を守らなければならない」などの曖昧な表現で、台湾に対し漁業取り決めを締結しないように働きかけてきた。

耐震基準ない配管や壁の落下で死亡例

おととしの東日本大震災で国の耐震基準がない、建物の天井裏の配管や壁が地震の揺れで落下し、5歳の男の子を含む少なくとも2人が死亡していたことが、NHKの取材で分かりました。 震災から2年余りたった今も、同じような落下事故が何件あったのか十分な調査さえ行われておらず、専門家は、国が対策を急ぐべきだと話しています。 おととしの東日本大震災では、東京・千代田区の九段会館などおよそ2000の建物で天井が落下し、このうち4つの建物で5人が死亡、けが人は70人以上出ていて、国土交通省が、天井の落下防止策を義務づけることを決めています。 ところがNHKが死者が出た4件の事故について詳しく調べたところ、少なくとも2件は天井の落下が死亡の原因とみられないことが分かりました。 このうち、5歳の男の子が死亡した宮城県利府町のショッピングセンターでは、天井裏にあった巨大な金属製の配管が落下していて、男の子は、この配管の下敷きになって死亡していました。 また栃木県芳賀町にある大手自動車メーカーの研究所では、「間仕切り壁」と呼ばれる室内を仕切る壁が天井部分から外れて落下し、直撃を受けた男性従業員が死亡していました。 配管をはじめとする設備や、間仕切り壁のような「非構造部材」の耐震性については、学会などの指針があるだけで国の耐震基準はありません。 また、東日本大震災でこうした設備や非構造部材の落下によりどのくらいのけが人や死者が出たのか、2年余りたった今も十分な調査さえ行われていません。 国土交通省は、「4件の事故については自治体を通じ情報収集に努めたものの、当時は原因がよく分からなかった。今後も情報収集を進めて必要があれば対策を検討したい。また、大災害が起きたあとの被害の情報収集の在り方についても検討していきたい」としています。

総合のネタ