本日の 芸能 ネタランキング

【話題】<激論>スポーツ観戦客(48歳)が語る! 野球がサッカーよりも圧倒的に優れている8つのポイント「サッカーはチームが多すぎる」

芸スポまとめblog
1 名前:Egg ★@\(^o^)/ [sageteoff] 投稿日:2017/09/10(日) 08:17:53.88 ID:CAP_USER9.net
日本において野球とサッカーは圧倒的に人気のあるスポーツだと言えよう。筆者はどちらのスポーツも頻繁にスタジアムで観戦し、日本代表の試合があれば仲間と一緒に中継を見て一喜一憂することも多い。どちらのスポーツも最高の娯楽だと思っている。

・野球とサッカーは比べられることが多い
筆者のように野球もサッカーも好きだという人は多いはずなのだが、何故か野球とサッカーは比較の対象にされることが多い。片方のスポーツだけのファンである場合は「これだからサッカーは……」「これだから野球は……」と、一方を見下す場合が多いように思える。

・野球のほうが圧倒的に優れている8つのコト
しかし、両方のスポーツに最大限の敬意を払っているという前提ではあるが、「この先も日本においてサッカー人気が野球人気を追い越すことはあり得ない」という声があるのも事実だ。サッカーは野球と比べてルールがシンプルで、競技をしている国が圧倒的に多いという点では、野球より魅力的だと言えるかもしれない。

だが、それに反論するのは「野球が圧倒的に優れている」と語るスポーツ観戦客の「ぴのさん」(仮名 / 48歳)。彼は生粋のスポーツマニアで、走る速さとバッティングの才能で野球部のヒーローだったが、その後足をいため、現在はサラリーマンをしながらスポーツ観戦マニアとして生きているという。彼から野球がサッカーより優れている理由を聞いてみた。

1. サッカーは試合中にオシッコに行けない
サッカーは試合の中でハーフタイムしかプレーが止まらないため、慌ててオシッコに行こうとしてもトイレは大混雑してしまい、ハーフタイム中に戻れないことも多い。一方野球は9回が終わるまでに最低でも16回の攻守交代を挟む。プレーが止まる時間は短いが、その分トイレに行く人も分散する。ストレスフリーでオシッコができるのだ。

2. サッカーは1点ずつしか入らない
サッカーは90分の試合時間の中で、1点ずつしか得点をあげることができない。後半で3点差もついてしまえば絶望的な雰囲気さえ漂ってしまう。しかし野球はたとえ9回2アウトであっても、満塁ホームラン1本で一挙に4点も入る。最後まで大逆転のドラマが生まれる可能性の高い野球のほうがエンターテイメント性が高いと言わざるを得ないだろう。サッカーにも「遠くから決めれば2点」「ラスト5分は得点が3倍」というようなルールがあれば違うのかもしれないが。

3. サッカーはチームが多すぎる
日本のプロ野球は12球団なのに対し、JリーグはJ1が18チーム、J2が22チーム、J3が17チームもある。地元にチームがある地域は盛り上がるかもしれないが、そうでない地域に住んでいるとチーム名さえ覚えきれず、素人は自然と興味が薄れてしまうものだ。チームが多いことによって選手は育つかもしれないが、戦力が分散し、試合レベルが低下するのも否めないだろう。

4. サッカーは選手の入れ替えが激しすぎる
J1からJ2に転落すれば運営費の問題から選手の大幅入れ替えを余儀なくされたり、シーズン中に優秀な選手が突然海外へ移籍したりと、サッカーは選手の入れ替えが野球と比べて激しい。やっと選手を覚えてきたと思ったら、数年でほとんどの選手がいなくなってしまってもおかしくないのだ。日本のプロ野球は良くも悪くも選手の入れ替えが少なく、選手に愛着を持ちやすい環境となっている。

5. サッカーはドラマが生まれにくい
サッカーはすべてのプレーが流れの中で行われるのに対し、野球は基本的にピッチャー対バッターの対決を繰り返すスポーツだ。選手対選手の構図がわかりやすく、ドラマが生まれやすいのである。有名選手同士のわかりやすい対決には注目しやすい。この点も野球のほうが優れていると言わざるを得ない。

つづく

2017.09.09/buzz-plus
http://buzz-plus.com/article/2017/09/09/baseball-soccer/

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1504999073/

続きを読む
ページトップへ

最新の芸能RSSニュース

原発事故被害 全国一斉に電話相談

東京電力福島第一原子力発電所の事故の賠償などについて、司法書士が無料で相談に応じる電話相談が全国一斉に行われています。 相談は11日午後4時まで受け付けていて、電話番号は全国共通のフリーダイヤル、0120−862−262です。 この電話相談は全国青年司法書士協議会が行っているもので、11日午前10時から福島や東京など全国20か所で相談に応じています。 このうち東京・新宿区の事務所では10人の司法書士が対応に当たっています。 原発事故からまもなく3年になりますが、被災者の中には賠償の手続きなどを今も正確に把握できていない人が数多くいると言われています。 11日も「事故当時、原発の近くに住んでいたが、住民票を離れた場所に置いていた。その場合でも賠償は受けられるのか」といった相談が寄せられ、司法書士が「実際に住んでいたのであれば問題ないはずで、場合によっては東京電力との和解を仲介する国の紛争解決センターに申し立てることもできる」とアドバイスしていました。 全国青年司法書士協議会の石橋修さんは、「どこに相談していいか分からないという人がいまだにいる。まずは電話をしてほしい」と話していました。

徳島市の新人職員が阿波おどり研修

この春、徳島市に採用された新人職員を対象にした「阿波おどり」の研修が、5日、市役所で行われ、先輩職員から踊りの基本を教わりました。 この研修は、重要な観光資源となっている阿波おどりについて理解を深めてもらうとともに、伝統文化の継承にもつなげようと、20年ほど前から行われていて、5日は、徳島市の新人職員52人が参加しました。 研修では、「有名連」と呼ばれる踊りのグループのメンバーにもなっている先輩の職員が講師を務め、阿波おどりの歴史などについて講義が行われました。 このあと、新人職員は、動きやすい服装に着替え、踊りに挑戦しました。 新人職員の3分の1ほどは阿波おどりの経験がないということで、最初はぎこちなさが目立ちましたが、足の運び方や手の使い方、それに掛け声などを教わると、次第に慣れた様子で踊りを楽しんでいました。 新人職員は「昔少し踊ったことがありますが、きちんと習うのは今回が初めてです。徳島市の職員として自覚を持ち、阿波おどりの魅力を伝えられるようになりたいです」と話していました。

総合のネタ