本日の 芸能 ネタランキング

【マジ惚れ風俗】クンニされるのが大好きで働き始めた真性スケベ風俗嬢♪

メンズサイゾー
風俗ライター所沢ショーイチが風俗嬢の本音に迫る!! 【人気風俗嬢がマジ惚れした客】第35回:前編  風俗嬢だって人間だもの、お客に惚れたっていいじゃない しょーいち こんな風俗店を待っていた!!  今回の取材先である池袋のデリヘル『クンニ専門店 おクンニ学園 池袋校』のオープ…

【画像あり】この女の子、めっちゃエロかわいい

ラジック
本田真凛ちゃん、めっちゃエロかわいい

1: 風吹けば名無し@ 2017/09/17(日) 12:04:12.17 ID:amx0uEaCr
no title

2: 風吹けば名無し@ 2017/09/17(日) 12:04:25.57 ID:MivgFMu10
かわいいよな

3: 風吹けば名無し@ 2017/09/17(日) 12:04:32.90 ID:YTK6AbG70
かわいい

続きを読む
ページトップへ

最新の芸能RSSニュース

金正男氏の子息、ボスニアの国際学校卒業

北朝鮮  【珠海(中国広東省)=吉田健一】北朝鮮の金正日(キムジョンイル)総書記の孫、金ハンソルさんが、ボスニア・ヘルツェゴビナの国際学校を5月下旬に卒業し、自宅のあるマカオに戻ったことがわかった。  マカオや隣接の珠海の北朝鮮関係者が19日、に明らかにした。ハンソルさんは9月からフランスの大学に進学予定という。  ハンソルさんは2011年10月に国際学校に入学。ほかの生徒と同様にルームメートと寮生活を送った。  ハンソルさんの卒業を受けて、父親で、金正恩(キムジョンウン)第1書記の異母兄の金正男(キムジョンナム)氏も5月末から6月初め頃、現在拠点としているシンガポールからマカオに一時戻り、一家で過ごしたという。  ハンソルさんは昨年10月、フィンランドのテレビ番組のインタビューで、正恩氏を「独裁者」と呼び、正男氏については「父は政治に関心がない」と話していた。 (2013年6月19日19時19分 )

【紅と白 高杉晋作伝】関厚夫(220)雷電篇 回天(九)

 慶応2(1866)年1月21日(旧暦)、京都薩摩藩邸内にある家老、小松帯刀(たてわき)の屋敷で、長州藩代表、木戸貫治(かんじ)(桂小五郎)と小松、大久保一蔵(利通(としみち))、西郷吉之助(隆盛)らは、6カ条からなる「薩長同盟」を締結した。  晋作とならび、その首(しるし)をあげようと幕府が躍起(やっき)になっている木戸が、薩摩藩の護衛で京都入りしたのは同じ月の8日。それから10日あまりがすぎても、薩長ともに本題である同盟の話を切り出さず、あろうことか木戸は、「このまま無為に時をすごすわけにはゆかぬ」として帰国の準備さえはじめていた。   「今日(こんにち)、薩摩は朝廷の信任厚く、幕府からは頼りにされ、諸藩とのまじわりではその中心にいる。ひるがえってわが長州藩のごときは天下のすべてが敵であり、征長軍はふたたび四方に迫ろうとしている。われらは藩をあげ、死を覚悟してこの逆境にあたるつもりだが、もとより活路はない。長州は危険の極みに立っている。そこでわれらが口から薩摩に同盟の話を持ち出すのは、薩摩をわが危地にまねくことであり、それは薩摩との同盟ではなく、ひざを屈して薩摩に助勢を乞うことである。長州藩として、それはまことに心外であり、われらのもっとも恥とするところだ。できぬ。しかし、たとえ長州が滅びようとも、薩摩が皇家に尽してくれるのなら、天下の幸いである」  この木戸の真情(まごころ)に感動した龍馬が西郷らを説得し、同盟締結にいたった−という経緯についてはご存じの方も多かろう。    「薩長同盟」は、龍馬を保証人とし、木戸や西郷たちとの間でかわされた、いわば私的な盟約である。また仮想敵は禁裏守衛(きんりしゅえい)総督の一橋慶喜や長州の宿敵・会津藩(藩主・松平容保(かたもり))、桑名藩(同・松平定敬(さだあき))である。幕府ではない。が、いざ幕長戦がはじまったさいには、薩摩藩は征長軍に与(くみ)することなく、独力をもって京都と大坂をかため、戦況の優劣にかかわらず、朝廷における長州藩の復権に尽力し、両藩は締結のこの日から、 「皇威の暉(かがや)くご回復を目的に誠心を尽し、必ず尽力仕(つかまつ)るべし」  とする内容は、そのことばはないけれども、“討幕”という歴史的回天への第一歩と言うにふさわしいものだった。  薩長同盟締結の翌日、慶喜らは長州処分の最終案を朝廷に申請し、勅許をえた。それは、藩主父子にたいする「朝敵」の罪名をとりのぞく代わりに、(1)藩主・毛利敬親(たかちか)は蟄居(ちっきょ)隠居、世子・広封(ひろあつ)は永蟄居し、家督は「しかるべき者」を選ぶ(2)藩領から10万石を削減(3)「蛤御門(はまぐりごもん)の変」の司令官だった3家老の家は永世断絶−という、慶喜らにすれば「格別寛大」な内容だった。

総合のネタ